おすすめの暗記方法

株式会社GAKUYA

075-622-1598

〒612-8053 京都府京都市伏見区東大手町749番地
フロムファーストビル4F-2号室

(火~金)15時~21時、(土)14時~20時

ブログ

おすすめの暗記方法

学習面の話題

2021/02/12 おすすめの暗記方法

今は中学受験に変わり、高校受験の真っ只中です。

入試直前に点数を上げるには、暗記科目の点数を伸ばすのが一番効率が良いですね。

今回は、どのような方法で暗記するのが良いかを私の経験からお話します。

 

勉強の多くを占めるのが暗記です。

私も学生時代は暗記で苦労しました。

算数はできたけれど、暗記科目は大の苦手でした。

大人になり、暗記せざるを得ない状況に陥ったとき、自分が暗記を苦手と思っていたのは言い訳にすぎなかったと気付きました。

暗記もトレーニングすることで得意になります。

毎日毎日走れば体力がつくのと同じで、毎日毎日暗記を繰り返せば暗記力がつきます。

 

では、どのような方法で暗記をするのが良いでしょうか。

暗記の仕方は人それぞれです。

何度も何度も書いて覚える人もいれば、書かずに見て覚える人もいます。赤シートで暗記する人もいます。

 

覚えなければいけない量が少ない場合は、ひたすら書いて覚えるのが良いでしょう。

例えば漢字を10個覚える場合、何度も何度も書いて覚えましょう。

 

しかし覚える量が多い場合、例えば入試前に社会の総復習をしようとした場合、

書いて覚える方法ではどれだけ時間があっても足りません。

私も税理士試験でその経験をしました。見開き2ページを書くと1時間ほどかかります。

それを50題すると50時間かかります。すべて書き終わったときには初めの方は忘れてしまっています。

10回書くと500時間かかります。これでは時間がかかりすぎです。

そこで私は読んで覚える方法を取りました。

1回書く時間に10回読めます。ひたすら読んで覚えました。

しかし読んで覚える方法も弱点はあります。それは暗記が不十分になってしまいます。

そこで自己テストとして一度は書いて確認しました。

 

私がおすすめする方法は、基本的には読んで覚える方法ですが、

ただ読むだけでなく、目をそらしながら読んでください。

例えば社会のテキストを読んでいて「墾田永年私財法」という言葉が出てきたとします。

そうするとテキストを見ないで、頭の中で「墾田永年私財法」だったかなーと思い出してください。

テキストを見ないで思い出すことがポイントです。

その後、そのキーワードをテキストを見ないでノートに買いてください。

そうしてキーワードだけはノートに書き、その他はテキストを読んでいきましょう。

 

最後に「墾田永年私財法」と書かれた自分のノートを見て、頭の中で

「三世一身の法を改めて墾田の永世私有を認めたもの」といった説明ができれば完璧。

このようにして効率よく覚えていきましょう。

なお、読んで覚える方法は読んだ回数が少なくては覚えられません。

100回読むぞ!くらいの意気込みで暗記してください。

 

 

〔学屋 ~中学受験と高校受験に強い個別指導型の学習塾~〕
住所 京都市伏見区東大手町749番地フロムファーストビル4F2号室
電話番号 075-622-1598
開講時間 (火曜~金曜)15時~21時、(土曜)14時~20時
定休日 日・月・祝
最寄り駅 伏見桃山駅

TOP