公立前期試験が終わって

株式会社GAKUYA

075-622-1598

〒612-8053 京都府京都市伏見区東大手町749番地
フロムファーストビル4F-2号室

(火~金)15時~21時、(土)14時~20時

ブログ

公立前期試験が終わって

塾長のつぶやき

2019/02/16 公立前期試験が終わって

中学生の公立高校の前期試験が終わりました。

私立高校は全員合格していたので、今回の前期入試も全員合格し、

昨年に引き続き、中期試験を待たずに高校入試を終わりたいものです。

 

全員の試験が終われば、合格祝賀会をしようかと思っています。

合格した人が希望する店へ、みんなで食べに行きましょう。

卒塾生も参加OKです。

 

詳細が決まりましたら、ここにも載せる予定です。

(どこかの土曜日のお昼と考えています)

 

さて、話はガラリと変わり、重い話をします。

普段生きている中で、死に直面している人や、死亡者を見る機会はあまりありません。

日本は戦争や内戦をしていないし、また死に直面している人は病院に入っているからです。

だから今の日本にいれば、命について真剣に考える機会が少なくなります。

 

そこで自分の命について、どれほど大切にしているかを質問します。

何もしなければ、あなたは明日死ぬとします。

もし次のことをすれば生きることができるとすれば、許容できるのはどこまでですか。

またはどこからは死を選択しますか。

 

・全財産を失う

・両足を失う

・記憶を失う

・視力を失う

・五感を失う

・他の人の命が犠牲になる

 

大きな病気になったとき、意地でも生きるか、それとも別の道を探すかは、

自分の命をどのように考えているかによります。

また自分だけでなく、周りの人にも多大な影響を与えます。

私も最期を迎えたとき、周りの人の迷惑にならないようにと常々考えています。

 

 

〔学屋 ~中学受験と高校受験に強い個別指導型の学習塾~〕
住所 京都市伏見区東大手町749番地フロムファーストビル4F2号室
電話番号 075-622-1598
開講時間 (火曜~金曜)15時~21時、(土曜)14時~20時
定休日 日・月・祝
最寄り駅 伏見桃山駅

TOP